新米パパと小夏の日記

これから始める新米パパと小夏(ウロコインコ)の物語

小夏

三角関係

ママさんは、小夏のことを溺愛している。

心から愛しているのが手に取るようにわかる。


小夏は、パパさんのことを溺愛している。

好感度の良さはさんざん書いてきたからな... 今更書くこともなかろう。


そしてパパさんはというと…




こういうのを三角関係というんだろう。



20190203_102607

 20190203_102614

20190203_102616

ひさしぶりの分身の術



にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ
にほんブログ村 

精神年齢・実年齢・人年齢

# 字、小さすぎマス?

# BOLDにしてみます。ちっちゃい?


小夏ネタが底を尽きそうな今日このごろ。

真正面から見る小夏はいつもガッチャマンのように見えマス。

ガッチャマンのメンバーにはいませんが、ミドレンジャーと呼んでます。



20190203_konatsu#8

【端正な出で立ちのミドレンジャー】
 


以前にも書いたことがるのですが、

ウロコインコの年齢(人間にあてはめた場合)のものを見つけきれないので

代わりにセキセイインコの年齢を当てはめて計算することがあります。


【セキセイ咽喉年齢早見表】

http://nenrei.info/animal/parakeet_shell.html


小夏は生まれて9ヶ月ちょっと経過していますので

17、8歳というところです。いちおうメスとして育ててますので、

ぴちぴちの女子高生なわけですが、その行動をみると超越した感があります。

理由を書くといつもの愚痴になるのでやめときます(爆)


精神年齢は3歳ですね。

可愛い盛りではありますが、まあ言う事を聞かない、聞かない。

(そもそも言葉が通じる相手ではないw)

(私も小夏の言葉を理解できていないw)


最近、気づいたことがあります。

噛んだり、やって欲しくないことをしてたとき、

「しっ!」とか「しーっ!」と言うと、

小夏は何かを警戒しているかのように今までやってた行動をやめて、

「なんだなんだ?」といった感じで周りを気にし始めます。


ウチの場合、あまり濫用するのも小夏に申し訳ないので

噛まれて我慢できない時に使うようにしています。


表情が読み取れたらなぁ、いいのになぁ。

飼い主も修行がたくさん必要なようです。

運び屋

うんしょ。

20190203_konatsu#1


うんしょ。

20190203_konatsu#7



よっこいしょ。

20190203_konatsu#5


よっこらっしょっと

20190203_konatsu#4


うんしょ。

20190203_konatsu#2



にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ
にほんブログ村

今朝の小夏 2019.02.03

小夏さんが進化してる。

進化というと語弊があるので言い換えよう。

成長が早い、早すぎる。


小走りな小夏を捕獲する事が難しくなってきている。

私が鈍すぎるというわけではない。

両手で抱きしめてあげようとすると噛み付く。

頭ナデナデさせてくれない。

噛んだら離さないのはどこかのカメに似ている。


人間で言うと自我が芽生えてきた感があります。

一人でいろいろやりたい時期が来たのかもしれません。

なので親鳥でもあるパパさんに反抗するのでしょう。


そしていつもの小夏をアップ。

変わり映えはありませんが何かの参考になれば。





にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ
にほんブログ

おもちゃについて

ママさんがお怒りモードです。


何かというと「おもちゃの質がイクナイ!」とのこと


パパさんも小夏のためにと思い

おもちゃをいろいろ調べた時期がありまして、その良し悪しについて

知ったことは、中国製はどうもよろしくないという声の多さでした。


・当たり外れがある

・着色料が有害

・壊れやすい

・作りがおかしい


すべてが当てはまるとは思いませんが、

現実を考えるとそういう製品が多いように感じます。

おもちゃ以外の日常品についても思い当たる節はたくさんあります。

安ければいいではなく、
値は張るが安全なもの、安心なものをというのが選択基準になります。



【ナナメってる。これが本来の作り?】

20190203_toys#1

【壊れたので作り直したけどまた壊れてしまう。接着剤が必要か...】
20190203_toys#3

色合いも何か中国の色っぽい気がして違和感がある。
小夏がこれで喜んでくれてたらいいんだけれど。。。


平日の日中は一人になる小夏。

ママさんは小夏のためを思って

このおもちゃなら楽しんでくれるかな、とか

飽きのこない面白いもの、

楽しんでくれるかな…って

選んでる時の顔は真剣で、楽しそうな笑顔も浮かべてたと思うと悲しくなりました。


そういうこともあり、ママさんは買い換えを決断しました。

宅配業者から届けられた小夏のおもちゃを毎日楽しみに待っているようです。

ママさんの帰宅の第一声は

「今日、(おもちゃ)届いてた?」。

私はその言葉に「うん、届いてたよ」と応えます。

ママさんに笑顔がこぼれ始める瞬間です。

 

ギャラリー
  • 海の底へ。
  • 三角関係
  • 三角関係
  • 三角関係
  • 精神年齢・実年齢・人年齢
  • 運び屋
  • 運び屋
  • 運び屋
  • 運び屋
  • ライブドアブログ