つれづれ草

2020年05月03日

土曜日の恋人

パパっくがしたいことばかりしていたせいか小夏が少し拗ねて(すねて)るように見えます。

遊んであげてるつもりなんだけどな。

ひさしぶりにカメラを使って小夏を撮ってみました。

郷愁を誘うような色合いが好きで、今日の小夏はそんな気分なのかなと思いつつ。



さて予定通りに行けばプール開きだ。

半年ほど小夏ブログを書かなかったけれど、ゴールデンウィークがあってもカキコネタはそうそう増えず。

小夏と遊ぶ時間はそれなりに設けていて、遊び足りねぇーよ!と毎晩せがんでくる毎日を過ごしています。

おかげで夜更かし小夏&早起き小夏になってしまい、じいちゃんか!などと思うこともしばしば。


まぁ、元気で居てくれたらそれで満足。

健康第一、安全第一ですぞ、小夏嬢。

嬢と言ってますがオスメスの判別は未だわからず。


今日ドラッグストアに行ったら良いものを見つけました。

もしオスなら「きなこ」に改名しようかな。

こてつ、こたつ、いろいろ候補はありますが「きなこ」が可愛いな。


と、そんな事を考える五月晴れ... ではなかった。。。




konatsupapa at 06:00|PermalinkComments(0)

2020年04月26日

恋する小夏

アプローチ開始

20200426_konatsu#1


おぉーっ!いきなりー!?

20200426_konatsu#2


20200426_konatsu#3


次があるさ。

20200426_konatsu#4


今日のご飯はなにかな?
20200426_konatsu#5

こんにちは自宅でお気楽極楽生活中の小夏パパです。

そして鈴に夢中の小夏です。

土曜日にケージやら止まり木などなどキレイキレイにして小夏にとって快適であろう環境を整えました。

なのに!! うん●っこーをいきなり、ゆたんぽちゃんの柔らかい布の上にポトンとな。

ま、いいけどな。

小夏にとって心地よい環境は自然なんだろうと思うけど、外に放つわけにはいかぬのだ。

ママっくにビンタやらキックやら凄いのを浴びせられる事間違いなしだからな。

なによりもパパっくは小夏の相棒である。

知ってか知らずか友情(愛情?)が芽生えてるくらい知ってるぜ。

さぁ、この肩に飛び移るんだ小夏…


よーし、いい子だ、いいぞ…

 ・

 ・

 ・

ちぅして。

こらっ、そこじゃない!

こらっ、噛むな!




konatsupapa at 15:30|PermalinkComments(0)

2019年09月15日

悪あがきネタ

書く事がないので小夏のセクシーポーズを一枚(涙)

<なんて飼い主だ!


半眼(撮影タイミングの運)で羽を広げて(たぶんスサーと呼ばれるやつ)

見ようによっては「おいでなすって」的な江戸インコのようにも見えます。

半眼のおかげでちょいとばかし魅惑的なお嬢になっておりますがね。


あぁネタがネェー!

なんも書けねー!(北島康介氏風)


長い期間、書かない時があるので消えて無くなったと

思われないようにこうやって書いてマス。

生きてます、小夏も私も。



見てくれる人がいらっしゃるだけで幸せ者でございやす。

素敵な情報を書いてくださる人がいてくれるだけで幸せでございます。
 

20190907_konatsu#10



konatsupapa at 07:54|PermalinkComments(0)

2019年08月11日

小夏動画 ドラフト版#3

気になっていたモーショングラフィックスを使ってみました。

やる気満々でしたが、難しすぎて挫折しかけていました。

ディスプレイと対面すること数時間、ようやくキホンの「キ」の字をよじ登ることができました。


ホント、基本中の基本が出来たことが嬉しくて動画をアップ(笑)

こうやってちょっとずつテクニックを覚えていくんでしょうなぁ。


それはそうと、

小夏がこの編集作業を邪魔します。

ケージから出してアピールが凄いので出してあげるとバタバタバタと飛んできて

肩に乗るところまではいいんですが、唇を求めてきます(❤️

そして噛み付きます。

やめて!というとキーボードやマウスをカジカジし始めます。

邪魔しにきてるとしか思えない・・・

でもカワイイ・・・


なのでケージから出しては入れてを繰り返しては、

のらりくらりと動画の編集をやっています。

これも夏休み期間中だけだろうなぁ。

その間にキホンの「キ・ホ」くらい習得できるようにしよう。



created by ®snowflakes

Motion5 



konatsupapa at 19:25|PermalinkComments(0)

2019年07月15日

ご報告

本日、日付が変わる頃に翼が虹の向こうへ旅立ちました。


昨日、先生から今夜あたりが山場かもしれません、という話をいただきました。

先生の中ではある程度、先が見えていたんだと思います。

だから覚悟を決めてお家に連れて帰ることにしました。


翼は、先週末からぐったりしていて目もあけきれないほど弱っていました。

それでも声を掛けたりさすったりすると、元気な素振りを見せて

「大丈夫だよ」とでも言ってるかのような姿を見せます。

そんなことしなくていいんだよ。

見てて辛いからそっとしてあげることしかできなくて。

今だけはご飯を食べて。

私たちを好きなことは十分わかってるから。



翼、翼はね、優しすぎるの。無理しすぎてる。

パタパタと飛んでフワリと飛んで、私たちを喜ばせてる。

クローゼットの奥に隠れて、私たちに探させようとする。

見つかったら鳴きだして、まだ見つかってないみたいにはしゃぎだす。

ご飯を食べてると思ってたのに、食べるふりしてるなんて反則だよそれ。

今はそういうことはいいから、今は生きることに一生懸命になって。

少しでもいいからご飯を食べて。



次の朝が来ることを願っていたのですが、

日の変わる午前 0:30。翼が虹の橋を渡りました。



眠れない夜をママさんと過ごして

二人で堂々巡りのように何がだめだったんだろうとか、

何をしてあげることができたんだろうとか、すっと話し合っていました。


お昼に翼を火葬していただきました。

白いお骨があまりにも小さくて。


原因なんてきっとわからないんだと思う。

正解なんてたぶんないんだと思う。

誰かが答えを導いてくれてとしても納得もできないと思うんだよ、翼。

翼、あなたの声が聞きたい。


もし私たちの声が届くのならば

ごめんね、翼。

あなたの居る世界で幸せに暮らして欲しい。

私たちがしてあげれなかったことを叶えて欲しい。

翼、やっぱりあなたの声が聞きたい。


20190715_tsubasaToys



konatsupapa at 16:57|PermalinkComments(8)