新米パパと小夏の日記

これから始める新米パパと小夏(ウロコインコ)の物語

記録

祝 ☆ 小夏一歳! ☆ HBD動画付き

パパさんが小夏のために作った動画でございますっ!


作製するたびに長くなってくる動画。

しょうがない…

後世に小夏の記録を残すためだ。

そして生き様を見てもらうのだ。


小夏プロフィール

 生年月日:2018年4月25日

 名前:小夏(こなつ)オスの場合、小鉄に改名します。

 性別:不詳(メスとして家族の一員にお迎え)

 種類:ワキコガネインコ

 特徴:甘えん坊、人懐っこい、かまってちゃん

 特技:キスという名の噛み噛み

 性格:気丈、大和魂を持った暴れん坊





小夏が生まれて一年。

羽根の生え揃ってないころに迎え入れ、すぐに大きくなりました。

何が変わったかといえば声色です。

バリエーションが豊富になりました。


ワガママ具合は日に日に増しているので、将来がコワイです(涙)

寝る時間が惜しいのか人の気配を感じると巣箱からひょこひょこ顔を出します。

そして鈴を鳴らして「早く出して」アピールが始まるのです。


見て見ぬフリをするのも辛いので

根負けして出すわけですが、元気がいいったらありゃしません。

疲れというのを知らないのは人間の子供も同じですね。


小夏もまだまだ子供だし。

もう少ししたら大人の階段を一歩駆け上がる時期が訪れるのかもしれません。

次の一年もよろしくネ、小夏ちゃん(^-^)



奥義

また、つまらぬものを創ってしまった・・・・




お口汚しではございますが、

ちょいと口角のあがりそうな画像をご笑納くださいまし。

 

20190423_konatsu#3

20190423_konatsu#2

20190423_konatsu#1


小夏のカミカミ 考察#04

まずは写真をご覧ください。

IMG_7343

IMG_7344

小夏の一噛みでヤラレタ噛み傷でございます。

そして指の腹は噛まれすぎて硬化しつつある指…(涙)


・小夏は噛みたい

・私は噛まれたくない

・でも、小夏は愛情表現だと思っている(推測)

・それでも私は噛まれたくない


そこで登場したのが手袋~☆彡

ママさんが噛まれに噛まれまくって苦肉の索として手にとったのが手袋。

しかもこれは冬の寒い日に使うようなものではなくかなり薄手のもの。

写真を撮るのが面倒なので載せない(爆)

感じからするとフイルム写真を扱う時の写真用手袋みたいなものです。

あまり薄いと噛まれた時の痛さは変わらないので、噛み噛み強度によって

手袋を変えていくのがよいでしょう。


それにしても痛い。。。

どうしたらこんなに強く嚙めるのか不思議でならない。。。

こんなに小さいカラダしてるのに、どこからその力が。。。


よろしければお試しを。


小夏のカミカミ 考察#03

小夏の噛むタイミングを考えてみました。

朝、ケージから出すとあまり噛みません。

たぶん寝ぼけて噛むことを忘れています。


夕方、ケージから出すと噛みまくります。

たぶん小夏がこう思ってるであろう気持ちをセリフにしてみました。


「いつまでケージに入れてんのよ!もう」

「放・鳥・!放・鳥、!」

「出したらおしおきじゃー。はよ出せ」


そして放鳥。

そしてガブ。


「やーめーて」と言うと、さらにガブ。


カミカミを振り解き1秒後、さらに倍。

ガブっ。ガブっ。


そして再びケージの中へ。


最近気づいたことあります。

・嫌な事をされるとヒートアップする(ガブガブは止まらない)

・「ちゅ」をし続けるとガブしない。(たぶん恍惚状態だから)

・暇を持て余すとガブっ。(そもそも落ち着きがない)


成長期な小夏ですからね。

噛むのも仕事の一環なんでしょう。

と、考えると

落ち着く年頃になれば互いの気持ちがわかるようになって

噛む回数は減り、甘噛みに移ると予測しています。


いやぁ… ないな…。それはない。


小夏三昧

夜の足音がとうの昔に過ぎ去りそろそろ眠りにつこうかという時刻。

巣箱の中からカサカサ、ゴソゴソという得体の知れない音が聞こえてきます。

そっと近づくと奴が現れました。(キャーーーっ)


彼女は耳がイイ。

ちょっとした音にすぐ反応します。

人工的な音に反応しやすいのは、異音だと思ってるようにも感じられます。

「きーっ」、「ピーーーっ」という音が近いと思うのですが、

仲間に何か起きたことを伝えてるのではないかと思うんです。

が、ウチには仲間がいないので本能なのでしょう。

(という推測)


眠いのか眠くないのかわかりませんが、

巣穴からちょこっと顔だして様子を伺っては

出ようか出まいか迷っているようです。


寝ぼけ眼という概念が小夏にはありませんので、

お目目くっきりまんまるで、起きたてホヤホヤというふうにも見えません。

ただ朝は動きは鈍く、こ奴、寝ておったなと伺わせてくれます(笑)


おっと、何を書きたかったんだっけか。

そうそう、可愛いだろぉってことを書きたかったんでした。

親バカなのでご勘弁を(^^;


IMG_0898

IMG_0899

IMG_0900

IMG_0902

ギャラリー
  • ダ・シ・テ・ク・レのサイン
  • ダ・シ・テ・ク・レのサイン
  • ダ・シ・テ・ク・レのサイン
  • イチコロ
  • イチコロ
  • イチコロ
  • イチコロ
  • 第二章 小夏と翼の物語
  • 結構やることやったし、書く事書いたし
  • ライブドアブログ