小夏の噛むタイミングを考えてみました。

朝、ケージから出すとあまり噛みません。

たぶん寝ぼけて噛むことを忘れています。


夕方、ケージから出すと噛みまくります。

たぶん小夏がこう思ってるであろう気持ちをセリフにしてみました。


「いつまでケージに入れてんのよ!もう」

「放・鳥・!放・鳥、!」

「出したらおしおきじゃー。はよ出せ」


そして放鳥。

そしてガブ。


「やーめーて」と言うと、さらにガブ。


カミカミを振り解き1秒後、さらに倍。

ガブっ。ガブっ。


そして再びケージの中へ。


最近気づいたことあります。

・嫌な事をされるとヒートアップする(ガブガブは止まらない)

・「ちゅ」をし続けるとガブしない。(たぶん恍惚状態だから)

・暇を持て余すとガブっ。(そもそも落ち着きがない)


成長期な小夏ですからね。

噛むのも仕事の一環なんでしょう。

と、考えると

落ち着く年頃になれば互いの気持ちがわかるようになって

噛む回数は減り、甘噛みに移ると予測しています。


いやぁ… ないな…。それはない。